親も得意げ?小学生がマインクラフトにハマる謎を解明

こんにちはぽんさんです。
小学生の間で謎の流行を見せているゲームソフト「マインクラフト」をご存知でしょうか?
子供がゲームにハマっているというのに、なぜか親もちょっと得意気。
きっとみんなマインクラフトの面白さと秘めた可能性に気づいているからではないでしょうか?
そんな魅力あふれるマインクラフトの謎に迫ってみたいと思います。

minecraft-325652_640

credit: ffstudios via FindCC

マインクラフト/Minecraftとは?

マインクラフトとは、ドット絵のブロックで出来た3Dの世界を自由に動き回り。
建物を立てたり、冒険したり、時にはマルチサーバーで他のプレイヤーとたわむれたり、羊の毛を刈ったり、高いところから落ちたら怪我をしたりする、非常に自由度が高く奥の深いゲームであります。

IMG_0161

IMG_0162

PC版が中心ですが、小学生が遊んでいるのは、AndroidやiOS向けのPE(ポケットエディション)版や、最近発売されたPlayStation Vita版であったりすると思われます。

[applink url=”https://itunes.apple.com/jp/app/minecraft-pocket-edition/id479516143?mt=8&uo=4&at=1l3vt64″] [applink url=”https://play.google.com/store/apps/details?id=com.mojang.minecraftpe”]

本当に小学生の間で流行っているの?

そもそものキッカケは、 はてなブックマークを中心に話題になっていた、UEI清水さんの 中学生はマインクラフトに夢中という記事についてつぶやいたところから始まりました。

うちもやってるよ!っと返信を頂いたり、同じようにつぶやかれている方が何人かいましたので一部を紹介してみます。

どれくらい流行っているのか気になってきたので、 娘に聞いてみたところ、本人も含めクラスで3人は確実にやっているとのこと。だいたい小学生の10人に1人くらいはマインクラフトをやっていそうという、それっぽいデータを入手することに成功しました。

さすがに妖怪ウォッチほどのブームとはいきませんが、着実に浸透していると言えるくらいには流行しているのでないでしょうか?

どこから広まったか?

頂いた返信の中で興味深い会話が出てきました。

こちらKeiさんの息子さん、4歳でマインクラフトというのも驚き!ですが、 注目したいのはYouTubeを見て覚えたというところ。

そうです。YouTuberがこぞってマインクラフトの実況動画を流すもんだから、視聴者層の小学生たちがこぞってハマっているわけなんです。

最近はコロコロコミックやおはスタなど、小学生向けのマスメディアでもマインクラフトが取り上げられていますが、時系列的には恐らくYouTuberのゲーム実況から火がついたものと思われます。

うちの娘も、 「マインクラフトの実況を見る」→「新しい建築を覚える」→ 「マインクラフトで実践する」 というサイクルをず〜〜〜と繰り返しています。

小学生に火がついたのは2014年7月ごろ?

マインクラフト自体は以前から世界中で大ヒットしている偉大なゲームです。
小学生たちに広まったのはいつ頃からなんでしょうか?

YouTubeのゲーム実況から火がついたという仮説が正しいとすれば、YouTube動画を調べていけばわかるはずです。

YouTuberといえばこの方。「ぶんぶんハローユーチューブ」のヒカキンさん。
HikakinGamesで最初のマインクラフト実況と思われる動画がコチラになります。

動画のアップロード日は2014/06/27。
冒頭で「リクエストを山ほど頂いていた」と発言していることから、すでにHikakinGamesの視聴者層から、マインクラフトが一定の支持を得ていたものと思われます。

もう一方、YouTubeゲーム実況界の大物「マックスむらい」さんのマインクラフト実況も調べてみました。こちらはHikakinGamesより半年以上早い2013年12月19日に公開されていました。

この実況の中で、マックスむらい氏は「仕方なくマインクラフトの実況を始めた」と取れる発言をしています。この事から、恐らくこの時点で「マックスむらい」の視聴者層に、マインクラフトはそれほど浸透していなかったのでは?と予想されます。

そして、偶然でしょうか?
ヒカキンがマインクラフトのゲーム実況を始めた少し後、 2014/7/10 にマインクラフトPE(ポケットエディション)最大のアップデート「バージョン0.9.0」が公開されています。
このバージョンアップによって、スマートフォン/タブレット版のマインクラフトがPC版に近づき、やれることが大幅に増加しました。

うちの娘がYouTubeでマインクラフトのゲーム実況を見るようになってきたのも、確かこの頃だったような気がします。

というわけで確証はありませんが、以前より一定の支持は得ていたものの、2014年6月/7月頃をさかいにして、小学生へマインクラフトが浸透を始めたと、一応の結論をつけたいと思います。

教育に使うという試みも

いくらゲームで育った世代の親とはいえ、子供がゲームばかりやっているというのは気になるところであります。ただ、どうせゲームをやるなら、マインクラフトのような想像力や発想力を鍛えられそうなゲームは良い方かなと思ったりもします。
そして世の中には賢い人がいるものです。マインクラフトを教育に使おうという試みも行われています。

これはスゴイです。マインクラフトを遊びながら、想像力や協調性を学ぶというのはなんとなく想像が付きますが、論理回路を学んだり、プログラミングまで体験できてしまいます。。。

このワークショップ、ぜひ参加してみたかったです。うちの娘にはちょっと早いけど、継続して開催してくれることを切に願っています。

他にもなんと、スウェーデンにはマインクラフトが必修科目となりそうな学校もあるんだそうです。

スウェーデンの学校でマインクラフトを必修科目に – GIGAZINE

授業を受けている生徒の一人、アマンダ・ヒルストロームさんはスベリイ・テレビ(STV)の取材を受けた際、「ものがどのようにできているのかを知りたければ、自分で作ってみるのが一番です」と語っています。子ど …

お父さん・お母さんもマインクラフトに注目してみませんか?!

というわけでこの記事を読んでくれたお父さま・お母さまへ。
子供がゲームばかりやっていると一方的に決め付けるのではなく(とはいえ本当にゲームしかやらなかったら問題ですが…)、ぜひ子供が遊んでいるゲームの中にも目を向けてみててください。もしかしたら子供たちは、ゲームの中で何か大切なものを学んでいるのかもしれません。
そして、なんだか大きな可能性を秘めているマインクラフトというゲームに、これからもぽんさんは注目していきたいと思います。

この記事が気に入ったら友達にも教えてあげてください!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

  • PVアクセスランキング にほんブログ村
  • スポンサーリンク

PAGE TOP ↑